腱鞘炎の施術

なぜ?腱鞘炎が楽になるのか?

下向き矢印

久留米市のふれあい整骨院にお任せください

手首や指の痛みがシップをしても取れないのはナゼ!?

腱鞘炎の手首

手首あるいは指に痛みがあるからとシップをしているのに、なかなか痛みが取れないとお困りではありませんか?

痛みを抑えるために痛み止めを飲むけれど、薬が切れてしまえば痛みは復活。

回復に向かう気配がないと困っていませんか?

その痛み、腱鞘炎が原因ではないでしょうか。

手指を動かす腱は腱鞘(けんしょう)という鞘のようなものに包まれています。

指の使いすぎなどで腱と腱鞘がこすれ合い、炎症が起こったものが腱鞘炎です。

腱鞘炎が起こると、「指をうまく動かせない、動くと痛む、指が腫れる」といった症状が現れます。

利き手に起こることの多い症状で、発症すると利き手をうまく使えなくなってしまい日常生活に影響が出てしまいます。

なぜ、けんしょう炎になるの?

パソコンで腱鞘炎になった人

先ほど、けんしょう炎の説明にもありましたが、手や指の使い過ぎが原因です。

パソコンやスマートフォン、デスクワークなどでの指の酷使。

ゴルフやテニス、野球など手や指に力のかかるスポーツのし過ぎ。

ピアノなどの楽器の練習のし過ぎ。

赤ちゃんを抱っこしている

産後のホルモンバランスの崩れと赤ちゃんを抱っこすることによる手首への負担。

などが主な原因として挙げられます。

けんしょう炎を治すためには、指や手首、腕をしっかり休めることがいちばんです。

ですが、仕事や練習、育児をずっと休むことは、なかなか難しいものです。

専門家の助けを借りて症状を改善していきませんか。

当院では、どの部分に原因があるのかを把握して、最適な施術をします!

腱鞘炎を説明しているところ

私たち、久留米のふれあい整骨院では、手首の痛み・けんしょう炎の原因がどういった部分にあるのかということを把握して、症状に合わせた最適な施術を行なっています。

シップ薬や塗り薬、痛み止めでは、根本的解決とはならず、痛みが再発してしまいます。

痛い所を揉む事も根本的解決にはなりません。

からだ全体の歪みも痛みに影響していますので、その歪みもなくしていきます。

その上で、関係する部位の調整をして痛みなどをとっていきます。

お客様と「どこが、どのようにした時に、どうなるのか?」を把握し、痛みを起こす日常生活での動作のクセを見つける事で、手首や指に負荷のかかりにくい、正しい動作のし方をアドバイスします。

手首や指に負荷のかかりにくい動作を身に付ける事で、けんしょう炎を一緒に改善させていきましょう。

電話番号0120-31-8152

メディア掲載

紹介された新聞や雑誌

改善された方の笑顔

院長からのメッセージ

追伸痛みは借金と同じです。

お問い合わせはお気軽に