肩こりとストレスの関係とは?

ストレスも肩こりの原因の一つです。

思い込みや気のせいとして片づけられがちですが、肩こりとの関連性は確かにあります。

ストレスによって引き起こされる肩こりは、頭痛やめまいと同じ仕組みで起こります。

ストレスがたまると、自律神経のバランスが崩れ、活動するときに活発に働く交感神経が過度に働いてしまいます。

交感神経により心臓の働きが促され、心拍数を上げて血管の収縮を強めて外部からの刺激に備えようとします。

それによって血流が悪くなり、肩や首周辺に血流障害を起こし、こりやいたみを生じさせます。

ストレスの原因の中には、心理的、社会的なものだけでなく、寒暖、湿度、騒音などの環境、病気や老化などの状況によるものなど多岐にわたっており、ストレスを感じない人はほとんどいません。

ストレスを特に感じやすい人、肩こりの原因であると感じる人はストレスへの早めの対処をお勧めします。

香りや音楽、呼吸、笑いを取り入れたり、規則正しい生活、軽い運動を心がけましょう。

肩の痛み・こり

関連記事