肩こり!安易なマッサージとストレッチの危険性

マッサージやストレッチはほどほどにしましょう

肩こり性の人にとって、肩や背中のマッサージほど気持ちいいものはありません。

しかし翌日首の回りや背中が痛くなっていたという人も少なくないでしょう。

「もみ返し」といわれるもので、少し強めにやりすぎた結果、筋肉が腫れたり、周辺の神経が刺激されて起こる痛みです。

肩こりの人

ストレッチ体操も適正に行えば、からだに柔軟性をもたせて、不意のけがを防ぐことができますが、頚部痛や手足にしびれなどがある人が首のストレッチを強く高い頻度で行うのは危険です。

安易なマッサージやストレッチが逆効果にならないように気を付けましょう。

肩こりがつらいときは

痛みが強い場合は安静が一番です。

無理に動かすのは避けましょう。

気持ちいいからといってマッサージへ行くのも危険です。

マッサージ

痛い方が効いた気がするため、やりすぎてしまい逆に痛めてしまうからです。

痛みがやわらいでから「ほどほどに」ストレッチや柔軟を取り入れましょう。

リラックスしてお風呂で温めたり、カイロやドライヤーを遠くからあてるのも効果的です。

それでも痛みがひかない時は専門治療院を受診しましょう。

お風呂

肩の痛み・こり

関連記事