膝の内側が痛んだら、が足炎(鵞足炎)を疑いましょう

運動を行っている最中や、階段の上り下りをしている最中などに、膝の内側が痛いと感じている方はいるでしょうか。

またはお子さんがそのような症状を訴えているということはありませんか?

そこまで強い痛みではない場合「大丈夫だろう」と、放置してしまう方もいるかもしれませんが、それは危険です。

手足のしびれ

膝の内側の痛みから考えられる病気には足炎(鵞足炎)というものがありますので、もし違和感や痛みを感じた場合は出来るだけ早く診て貰うようにして下さい。

最初は軽い痛みだったとしても、放置をしていると次第に痛みが強くなり日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。

が足炎(鵞足炎)は、膝の内側にある鵞足部分に炎症が発生してしまうというものです。

この鵞足部分には太ももから膝につながるとても大事な筋肉の腱が集中しています。

その部分だけを見るとまるで鵞鳥(ガチョウ)の脚のように見える事から鵞足部と呼ばれているのですが、ここは腱と骨が擦れ合ったりすることの多い部分なので、比較的炎症が起こりやすいのです。

この症状を発症しやすいスポーツには、マラソン、サッカー、水泳などがありますが、元々の脚の形や普段の姿勢なども大きく関わってくる為、全くスポーツをしていない人が発症する可能性もあります。

特に女性は骨盤の大きさの関係で膝が内側に入りやすかったり、X脚だったりします。そういった方は、が足炎(鵞足炎)になりやすいという特徴がありますので注意が必要です。

もし、膝の内側がいたいなら

が足炎(鵞足炎)でお悩みの方はふれあい整骨院にご相談下さい。

軽い症状の場合炎症はすぐに治まりますが、何度も繰り返しやすい症状ですの早めの施術が大切です。

また、スポーツ時のフォームの改善や、日常生活での姿勢の改善、膝周りの柔軟性アップや筋肉トレーニングを行う事も大事です。

元々の脚の形が原因となっている場合は、シューズの底を調整したりサイズの見直しなどを行う場合もあります。