ひざ関節痛は改善できる

ひざ関節痛の原因

膝の痛い人

膝の痛みは一般的に四十代後半から出始めることが多く、六十代になると女性の半分ほどが痛みを感じたことが多いみたいです。

膝痛も骨盤の開きと関係があります。

一般的にはひざの痛みは軟骨が減って骨が当たるので痛い、と思われており適切な対処法がされていません。

地上での歩行で痛みが出るため水中歩行を勧められることもありますが、筋力強化はできても痛みの原因の除去まではできないため、痛みがだんだんと強くなっていくようです。

ひざ関節痛の改善法

もちろん、ひざの軟骨がすり減り骨が当たって痛いのも確かです。

しかし、骨と骨が当たらないように骨格を矯正することで痛みを改善できます。

膝軟骨のすり減り

ひざ関節痛の原因の一つは筋力低下による膝関節の間隔の開きすぎです。

関節が開きすぎると関節にゆるみが出て関節がズレて痛みが出ます。

また、O脚のために関節の隙間のバランスがくずれて痛みが出ることもあります。

ひざ関節の開きすぎたすきまを正常にすることで痛みは改善できます。

さらに良質なカルシウムを摂取しながら施術によって正しい位置へ戻していく事が痛みの改善の近道です。