坐骨神経痛でも椎間板ヘルニア?

椎間板は、背骨の椎体と椎体の間でクッションの役目を果たす軟骨の一種です。

椎間板が飛び出すのがヘルニアです。

日本では、椎間板ヘルニアという安易な診断がよくみられます。

椎間板ヘルニアが原因の痛みや坐骨神経痛もたしかにありますが、それ以外が原因であったり、複数の原因がある腰痛も多いのです。

また、ヘルニアにより神経が圧迫されても、すぐに神経痛が起こるわけではありません。

神経は、徐々に圧迫される時、かなりの抵抗力があります。

何かのきっかけで炎症が神経に起こると、痛みや麻痺を生じるのです。

20~50代の男性に多く、ついで10代、50~60代の男性にも多いのですが、女性にもしばしば見られます。

症状は、腰痛と坐骨神経痛である下肢痛ですが、多くは片側の下肢痛をきたします。

ヘルニアが大きい場合は両方の下肢痛をきたすこともあります。

下肢痛はしびれやだるい感じ、突っ張る感じの場合もあります。

また、腰痛が主で下肢痛が少ない時や、下肢痛が主で腰痛がほとんど無いこともあって診断に注意を要することもあります。

慢性にゆっくりと症状がでてくる場合と急性に発症する場合がありますが、多くの場合は運動や労働などの負荷で症状が悪化し、安静にすると軽減します。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は久留米市の「ふれあい整骨院」へ

整骨院 整体院

ふれあい整骨院では患者様の体のゆがみを確認して、一緒に改善を目指します。

施術をすることで姿勢の改善が始まりますが、いち早く椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛を改善させるためには大事なことがあります。

それは、ご自分のお身体の状態をしっかり認識する(どこが、どうすると、どうなるのか)さらに普段の姿勢や動作などに潜む身体の癖を見つけて改善していくことです。(猫背になっている、座るとき足を組んでしまう、同じ姿勢でいることが多い、姿勢が悪いなど)ぜひ、ふれあい整骨院へ通って椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の解消をしていきましよう!