椎間板ヘルニアになってしまう人つて?

数ある腰痛のなかでも、もっとも発症頻度が高い病気、それが「椎間板ヘルニア」です。

椎間板ヘルニアとは、椎骨の間に挟まっている椎間板に亀裂が生じ、中身の髄核が飛び出してしまう病気です。

椎間板に亀裂が入る最大の原因は、椎間板じたいの変形です。

変形というと、高齢になってから起こるものだと思われるでしょうが、そうではありません。

椎間板の変形は、成長がストップする20歳頃から始まっています。

つまり、若い人が椎間板ヘルニアになるおそれがあるのです。

実際、椎間板ヘルニアは、高齢者にはあまりみられません。

もっとも多いのは20~40歳代で、特に男性によくみられます。

では、なぜこの病気は20~40歳代という若い世代の男性に発症しやすいのでしょうか。

椎間板ヘルニアの典型的なパターンは、理な体制や長時間の同じ姿勢などにより椎間板に大きな負荷がかかり亀裂が生じることです。

20~40歳代の男性といえば、働き盛りで、デスクワークにしても力仕事にしても、長時間従事している人が多いものです。

つまり、腰に大きな負担をかける生活をしているのが、20~40歳代男性という層であり、そのため発症者が集中しているのです。

当院の施術法は

強い力でグイグイ押したり、骨をボキボキさせて矯正させることはやっておりません

軽く触れながら骨の歪みや筋肉の緊張、神経による痛みを改善させていきます。

さらに呼吸に合わせてやさしく揺らしたり牽引したりしながら、身体を本来の状態に戻していく手法です。

ふれあい整骨院では気持ちよさで改善する身体の自然治癒力を基に施術を行ないます。

背骨や骨盤のズレや歪みなどを、やさしく触れながら矯正して正しいバランスに調整してあげて根本の原因を取り除いていきます 。