変形性ひざ関節症

なぜ?変形性膝関節症が楽になるのか?

下矢印

もう大丈夫

口コミで人気

そのヒザの痛み、老化のせいだから仕方がない?

変形性膝関節症

周りの年配者の方をみていると、年を取るにつれてヒザが曲がり、O脚となって歩きづらそうにしているのに気付かれることと思います。

年齢を重ねることで、背中やヒザなどが曲がっていくのは、老化現象だから仕方のない事だと考えられがちのようです。

ヒザの関節軟骨の老化が多くの原因だとされる、変形性ひざ関節症もそんな症状のひとつです。

悪化すると、ヒザの痛みと変形で歩行困難となり、日常生活に大きな支障をきたします。

老化に伴う関節の変形と痛みだから仕方がないと諦めていないでしょうか?

変形性ひざ関節症とは?

膝の状態の説明画像

男性1:女性4の割合で女性の方が、また高齢者ほど罹患率が高いと言われています。

スポーツや力仕事でヒザに負担のかかる生活をしていた方に特に多いようです。

主な症状は、ヒザの痛みとヒザに水が溜まる事です。

【初期】

立ち上がる時、歩きはじめなどの動作開始時、ヒザに力がかかる動作で痛みを感じます。

この段階では、休むと痛みがとれます。

【中期】

ヒザの痛みをよく感じるようになり、ヒザが伸びきらず、曲がりきらなくなります。

このため、正座や階段の昇降などが困難になってきます。

【後期】

安静時も痛みが取れなくなり、変形が目立つように。歩くことも苦痛になり日常生活に支障が出てきます。

早期の対処が、日常生活を守ります

変形性膝関節症の施術

変形性ひざ関節症は一度発症してしまうと、残念ながら変形を元通りのヒザに戻す事はできません。

初期の段階でも放っておけば自然に改善する、というものではないのです。

ですが、適切な施術を受け、日常生活での行動に気を付ければ、症状の進行を遅らせて、普通に日常生活を送る事ができます。

日常生活を守るためには、

症状がすぐ引くから…、

加齢のせいで仕方がないから…

と思わずに、早めに診察・治療を受けることが大切です。

先ほど紹介した、初期症状に心当りがある様でしたら、迷わず医療機関で見てもらいましょう。

もし、福岡にお住まいならば、ぜひ久留米のふれあい整骨院にいらしてください。

軽く触れながら骨の歪みや筋肉の緊張、神経による痛みを改善していく痛みの無い施術を行なっています。

進行を遅らせるために出来る、ストレッチや日常生活で気を付ける事などもアドバイスしています。

一緒に日常生活の質を守っていきませんか。

電話番号0120-31-8152

メディア掲載されました。

紹介された新聞や雑誌

お客様の写真

メッセージ

追伸

住所は福岡県久留米市津福今町423-1ふれあい整骨院