五十肩

肩関節のまわりに激しい痛みが続くとき

50代を中心に、40代以降によく起こる五十肩(四十肩)は、肩関節の病気です。

正式名称は「肩関節周囲炎」といいます。

肩関節周りに炎症が起こり、激しい痛みが生じます。

何気ない動作がきっかけとなり、腫れや熱感、激痛が生じます。

はじめは肩の違和感を感じますが、徐々に痛みが強くなり、突然激痛に変わり肩を動かせなくなります。

肩の片方、あるいは両方におこる事もありますが、そのまま我慢した状態だと良くなるまで1年から1年半かかります。

肩関節組織の老化が原因となる

関節は、軟骨や靭帯、筋肉などが連動して動いています。

これらの組織は年齢を重ねるとともに固くなり、血流が悪くなって組織に酸素や栄養を運べなくなります。

そのため、組織がもろくなり炎症や損傷を引き起こすことがあります。

これが肩関節の周辺で起こったものが五十肩です。

炎症を起こしやすいのは、肩甲骨と上腕骨をつないでいる肩甲上腕関節と肩峰下関節周辺です。

肩甲上腕関節は腕を自由に動かすために骨のかみ合わせが浅くなっているので、腕が脱臼しないように複数の筋肉が引っ張り上げるようにして支えています。

なかでも、関節のつなぎ目を包んでいる回旋腱板筋と呼ばれる4つの筋肉が肩関節の動きに大きくかかわっています。

筋肉は腱という強い繊維の束で骨とつながっています。

回旋腱板筋の腱の部分を腱板といいます。

五十肩の中でも腱板が炎症を起こした状態が最もよくみられます。

ほかに肩部分の棘上筋と肩峰にはさまれた肩峰下滑液包や、二の腕の上腕二頭筋長頭腱に炎症が起きることもあります。

五十肩とよく似た別の病気で、腱板断裂とよばれるものがあります。

腱板が部分的に、もしくは完全に断裂してしまうもので、60代以降に多く発症し、自然治癒が難しい病気です。

断裂が大きい場合は機能障害が強く、手術が必要になります。

痛みがあるときの対処法

五十肩の発症から2~3か月を疼痛期といいます。

激しい痛みがあり、患部が赤く腫れたり、熱をもったりすることもあります。

この期間は、肩や腕を動かさず、安静を保ちましょう。

痛みで眠れない時は三角巾で肩を固定します。

患部を温めて血行を促しましょう。

入浴の際には温水と冷水の交互浴で痛みが和らぐこともあります。

3ヶ月目以降の拘縮期に気を付ける事

3ヶ月を過ぎると拘縮期に入ります。

関節の動く範囲が制限され、腕を動かすと激しく痛みます。

服の袖に腕が通せない、背中のファスナーを上げられない、ネクタイがかけれない、つり革に手が届かないなど、日常生活に支障をきたしてしまいます。

寝るときに激しく痛むこともあります。

拘縮期に肩や腕が動かしにくいのは、炎症が回復する過程で患部の周辺組織が癒着しやすくなっているからです。

痛みと相談しながら、少しずつ肩を動かして、癒着をほぐしましょう。

無理な運動はよくありませんが、入浴して体を温めた後に、筋肉のトレーニングやストレッチを行いましょう。

毎日続けることがポイントです。

根気が必要ですが、徐々に動く範囲が広がっていきます。

疼痛期、拘縮期ともに患部を温めるのは効果的です。

ほどよい温度で15-30分間温めるだけで十分な効果があります。

カイロなどは低温やけどを起こすこともあるのでハンカチで包むなど注意して使いましょう。

背中にカイロを当てて仰向けで寝るのは危険ですので避けましょう。

他にもドライヤーの温風を動かしながら当てたり、温湿布、熱めのシャワーや蒸しタオルなどがあります。

大半は1年から1年半くらいで改善していきますが、激しい痛みが続く時は我慢しないことが大事です!

 

肩の痛み・こり

関連記事