ぎっくり腰に!でも、冷やす?温める?

ぎっくり腰になってしまった場合など!

「痛いときは冷やしたほうがよいのか、温めたほうがよいのか」は、

よく受ける質問です。

 

腰痛の場合は、一般的に温めたほうが楽になるケースが多いのですが、

ぎゅくり腰のような、

急性の炎症があるような場合は、冷やすとらくになることもあります。

 

家庭で行う場合には、患部が赤くなったり、熱をもっているような場合は冷やし、それ以外は穏やかに温めるというのが目安になるでしょう。

 

ただし、基本は「冷やしたほうが気持ち良ければ冷やし、温めたほうが気持ち良ければ温める」ということです。

冷やしたり温めたりして痛みが強くなったら、やめてください。

冷やす・・・(急性の痛み)

氷で冷やす

外傷の急性期や、ぎっくり腰のような急性の痛みで、痛いところが赤くなって熱をもっていたり、はれているようなときには、一般に冷やしたほうが痛みが楽になります。冷やすことで、炎症を抑えたり、痛みを鈍らせたりすることができます。

温める・・・(慢性の痛み)(急性期を過ぎた痛み)

多くの腰痛は温めることで楽になります。温めると、血管が広がって血液の循環がよくなり、筋肉の緊張がゆるんで、痛みが軽くなります。腰痛のある人は、日ごろからなるべく腰を温かくしておきましょう。

ぎっくり腰のような急激な腰痛で当初は冷やしたほうが気持ちがよかった人も、急性期を過ぎたら温めたほうが回復が早まり、冷えると逆に腰痛が生じやすくなります。

そこで家庭でお勧めなのが、レンジでチンして蒸しタオルで患部を温めることです!

温める時は洋服が濡れないようにビニールをかぶせてあげるのがポイントです。

それにより、保温効果も持続します。