外反母趾

ふれあい整骨院

外反母趾とは

足の親指の付け根の関節が変形し、母趾が体の外側を向いた状態になるのが、「外反母趾」です。

 

変形した関節は体の内側(母趾側)に突出するため、靴を履いたときには、その部分が靴に当たってしまいます。

 

それによって突出部に炎症が生じ、痛みが引き起こされることによって外反母趾になります。

外反母趾

初期のうちは靴を履いている時だけ痛みますが、進行すると靴を脱いでいるときにも痛むようになります。

 

また、関節の変形が著しい場合には、母趾が第二趾と重なってしまうこともあります。

 

外反母趾は人間が靴を履くようになって生まれた症状で、日本では戦後になってから増えてきました。

 

男女比は1対7~8割と圧倒的に女性に多い症状です。

外反母趾の原因

ハイヒールや先の細い窮屈な靴は、関節の変形を招く最大の原因となっています。

ハイヒールがよくないのは、体重が足の前側にかかり、それによって足の横のアーチがつぶれやすくなるからです。

 

アーチがつぶれた状態で靴を履くと、母趾が圧迫されて外側を向くようになります。

 

また、足自体に原因が潜んでいることもあります。

 

母趾が第二趾より長かったり、もともと母趾が外側に傾いていたり、偏平足だったりする場合には、そうでない人に比べて外反母趾になりやすいのです。

 

足の形は親に似るので、親が外反母趾の場合には、子どもも外反母趾になりやすいといえます。

 

そのほか、足の筋力低下や、肥満による足への負担増も、アーチがつぶれる原因となり、外反母趾の発症にかかわってきます。

 

中年期以降の外反母趾は、こうした原因で発症するケースが多くなります。

外反母趾の方の靴選びのポイント

中敷き

土踏まずがあり、足裏を支え、さらに趾の付け根の横のアーチを支えるふくらみがあると疲れにくくなります。

つま先に余裕がある

つま先が丸くて、履いたときに趾先が当たらず、趾が動かせる靴がよいでしょう。

靴のつま先まで足を入れてみて、かかとの後ろに指1本入るくらいの余裕があるものを選びましょう。

足囲が合う

趾の付け根のあたりは締めつけず、甲のあたりは緩すぎないでぴったり合うものを選びましょう。

靴底が適度にしなう

底が硬くて靴がしなわないと、歩くときに足に負担がかかります。

ただし柔らかすぎても足のアーチを支えられないので、適度にしなうものがよいでしょう。

ヒールが高すぎない

ヒールの高い靴は、体重がつま先にかかって、痛みを招きます。

ヒールの高さは3cmまでにしましょう。

かかとがフィットする

かかとが浅い靴は、脱げやすくて歩きにくくなります。かかとを包む深さと足に合ったカーブがあるものを選びましょう。