不眠の原因は骨盤の歪み!?

近年、若者の間で増加傾向にある不眠の問題。

 

先日はNHKの人気番組『クローズアップ現代』でも、「不登校12万人のかげで~広がる子どもの睡眠障害~」というプログラムを放送していました。

 

番組では、不登校の子供が6年ぶりに増加して12万人になったことの背景に、睡眠など生活リズムの乱れがあるとして、子供の不眠の問題を取り上げていました。

睡眠障害や不眠の問題は、いまや社会問題となっているのです。

 

不眠症というのは、寝付きが悪い、眠りを維持できないといった症状が続くことで、日中の活動に障害がでたり、体調不調が起きたりする状態のこと。

 

日本人の5人に1人が不眠症で悩んでいると言われています。

 

近年は子供や若者の不眠が問題となっていますが、もとは加齢とともに増加し、中年、老年となるにつれ激増す

るものです。

不眠症にはさまざまなタイプがあります。

 

布団に入ってもなかなか寝付けない入眠困難や、眠りについても夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒。

 

朝早く目覚めてしまう早朝覚醒や、眠りが浅く熟睡した満足を得られない熟眠障害など。

 

こうした症状が合わさって起きる場合も多いようです。

 

その原因としては、ストレスからくる心理的な原因や体の病気などが原因で起きる身体的原因のほか、精神や神経の病がもとで起きる精神医学的原因、薬の副作用などによる薬理学的原因、時差ボケなどといった生理学的原因などが考えられます。

 

自律神経の乱れによって起きる自律神経失調症の症状のひとつとして、不眠になってしまう場合も。

是非、ご相談ください。

ふれあい整骨院では骨盤や体の歪みやねじれによって起きるバランスの乱れを正常な状態に戻し、自律神経の失調を改善することができます。

整骨院 整体院

骨盤や体の歪みを治すことで自律神経を整え、さまざまなストレスを緩和して不眠を改善することも。

睡眠障害や不眠症でお悩みなら、是非、ご相談ください。