分離症

分離症

分離症は、腰椎椎弓の上下の関節突起間の疲労骨折と考えられています。

第5腰椎に多くみられますが、そのほかの腰椎にあることも、左右の両方ではなくて片側性のことや多椎間性の場合もありさまざまな場所にあらわれます。

一般の人でも100人中に1~2人は症状があるなしにかかわらず、この分離症があるといわれています。

スポーツをしているところ

スポーツでよく腰を動かす青少年には、一般の人の数倍、分離症が多いといわれています。

腰椎X線写真の斜位像で診断がつくことが多く、CTで診断が確定することもあります。

青少年に初期の腰椎分離症が発見されたときには、スポーツなどを中止し、軟性コルセットなどをしっかりと3~6カ月装着すれば、分離部が骨癒合することがあります。

青少年でも分離症が生じてから長い期間が経過した場合や、成人の場合は骨癒合しません。

しかし、このような慢性期の場合は腰痛もあまり強くありません。

むしろ軽い体操などをして日常生活は普通に行い、スポーツもあまり激しくなければ継続してもよいと思われます。