ばね指

ばね指は施術で楽になります

下向き矢印

ふれあい整骨院が解決

治るかな?くらいの痛み

ばね指の人

最初はそんなに痛くなく、ちょっと動かす時、曲げ伸ばしの時に痛いかな、くらいに感じる指の痛み。

もちろん、放置しておいて改善する…というのは夢物語ではないでしょうか。

肩や腰、足が痛い時に比べると、ちょっと地味に感じてしまう指の痛みは、「ばね指」と言われる立派な症状です。

ばね指という言葉を知らない方も多いので、それを改善させよう!と考える方も少ないのは実情です。

けれど、「指を曲げたら伸ばせなくなった」

「無理に伸ばそうとすると痛みがはしる」

「伸ばそうとしたら急にバチンと伸びて痛かった」

という症状を訴える方は少なくありません。そうです、これがばね指なのです。

指は日常生活で常に使われています。

となれば、休ませてあげる…なんてことができない部位だからこそ、ばね指は改善していかない原因でもあります。

腱鞘炎の一種のばね指は女性に多い?

指にも腱を束ねている腱鞘があります。

腱が炎症して腱鞘を圧迫し始めて腱鞘炎になるので、ばね指は腱鞘炎の一種です。

腱鞘炎となると、腱の酷使がすぐに思い起こされますが、そもそも指は酷使される部位です。

鍛え方が違うので、他の部位よりは耐久性が違うでしょう。

それでも指に起こる腱鞘炎、ばね指の原因は身体の内側に潜んでいることもあります。

糖尿病やリウマチ、腎臓疾患などの病気から起こると言われています。

指は末端にあるので、老廃物の代謝が十分にされず、炎症が悪化するのではないでしょうか。

子供を抱っこするお母さん

さらに、妊娠出産、更年期障害などホルモンバランスの乱れからもばね指になりやすいと言われています。

筋力や骨密度とも身体内部が弱くなっている時に起こりやすくなっています。

出産後のお母さんは、抱っこなどで腕や指を酷使して腱鞘炎やばね指を発症する場合もあります。

ばね指を直すだけではない

ばね指の施術風景

ばね指や腱鞘炎になると、肩や鎖骨・背骨にまで影響が出てきます。

一時的治療で指を治療しても、すぐにばね指の痛みは復活します。

久留米ふれあい接骨院では、根本的な改善を目指して施術をしております。

そのため、指だけの施術ではなく骨盤矯正を通じて背骨を真っ直ぐにし、肩関節の動きをやわらかくします。

ふれあい接骨院がおすすめする、肩から鎖骨周りのズレを整えた上で、腱鞘炎やばね指の痛みをとっていくことになります。

ふれあい接骨院では痛みを伴う施術はしておりません。

痛みを改善する施術をしております。

改善された方の笑顔

電話番号0120-31-8152

メディア掲載

紹介された新聞や雑誌

久留米市ふれあい整骨院のメッセージ

追伸 痛みは借金と同じです

電話番号0120-31-8152