顎が痛いだけでは済まない?

中学や高校の部活で吹奏楽をやっていた方は多いみたいですね。

 

以前、『1億人の大質問!?所さんの笑ってコラえて!』という番組の「吹奏楽の旅」というコーナーが大人気となり、吹奏楽を志す若い方が増えたという話を聞いたことがあります。

 

そんな人気の吹奏楽ですが、楽器の演奏には注意が必要だというニュース記事を読みました。

 

その記事によると、吹奏楽の練習のしすぎで顎を壊してしまう恐れがあるというのです。

吹奏楽部の名門中学がある兵庫県のあるエリアで調査したところ、管楽器演奏者184人のうち34.8%にあたる64人が額関節症だということが判明したそうです。

 

トランペットやトロンボーン、クラリネットなどの楽器演奏者ほど多く、また女子の占める割合が男子の倍近くになるそうです。

 

通常の額関節症の有病率は5~12%なので、これはやはり異常な数字ですよね。

 

記事には、口の周辺で楽器を固定する構えが筋肉の負担を大きくして、顎関節症につながるとありました。

 

普通に演奏している分には大丈夫なようですが、あまりにもハードな練習には注意が必要なようですね.

顎の痛み 顎関節症

顎が痛いのに我慢してしまっていると、顎関節症になってしまうかも。

 

痛みは故障のサインです。

早めに顎の周辺のバランスを治しましょう。

食事や会話、楽器の演奏など、顎は身体のなかでもとくに大切な箇所。

 

ここが故障してしまうと日常生活が困難なものになってしまいますよ。

整骨院 整体院

よく噛んで物を食べることができなくなり、内臓への悪影響も心配です。

 

顎の痛みによって、肩や背中などが痛みだすこともあるのです。

 

当院にご相談いただく多くの方が、痛みを感じ始めてから随分と時間がたってからようやく来院されているというのが現実。

 

はじめは痛みも弱く、不便を感じるほどでもないため、なかなか治療を受けようという気持ちにならないようなのです。

 

でもそれでは症状を悪化させるだけ。

 

痛みを感じたらすぐにご相談ください。

 

早めに治して、身体のほかの箇所に悪影響がでないようにしてください。